CROSLENE 久聯化學工業股份有限公司

価値創造 

Creating Value

化学の力で人類の幸福に貢献する久聯

Nature Is the Original of Inspiration

化学の本質は自然の真理を探ることです。
「一粒の砂に世界を見る」というように、化学には無限の可能性を握り、
新たな価値を創造し、社会の発展に貢献できます。

久聯はお客様、投資家の皆様、サプライヤーや従業員、
そして地域社会まで久聯と関わるすべての皆様に対して企業としての責任があると考えています。

私たちは常に誠意を尽くし誠実な事業活動を行い、
環境と経済を両立する技術の開発に取り組み、皆様の期待に添えるよう努力しています。

持続的成長

Energizing Cooperation

技術提携・新規事業開発

Progress Is Achieved Through Dynamic Collaboration

1978年に日本武田薬品工業株式会社と立大グループ、両社出資により、
合成ラテックスの製造販売を目的として、久聯化学工業股份有限公司を設立しました。

その後、1986年に硬質発泡ウレタン断熱材(PU)の生産技術を、
1990年に不飽和ポリエステル樹脂(SMC)生産技術を、
1996年に食品包装用接着剤(PUA)生産技術を導入しました。
2005年に日本Zeonとの提携でラテックスの生産、
2015年にPU発泡包装材(FIP)の生産販売が始まりました。

立大グループ、三井化学と日本Zeonの三社が合資して久聯会社は、現在資本金が二億元です。
より良い製品と新たな製造技術の実現に注力しています。
1996年に中国上海に久聯化学工業(上海)有限会社を設立しました。
グローバル化の実現と持続的成長に向けて挑戦し続けていきます。

経営方針

  • 「選択と集中」を着実に実施
  • 品質安定確保
  • お客様のニーズに迅速に対応

久聯化学工業股份有限公司

  • 設立

    1978年9月

  • 所在地

    本社 台北市大同区南京西路22号11階

  •  

    研究所. 新竹県湖口郷湖口村祥喜路88号

  •  

    工場. 新竹県湖口郷湖口村祥喜路88号

  • 資本金

    NTD二億元

  • 事業内容

    合成ラテックス、食品包装材料用PU 接着剤、不飽和ポリエステル樹脂(SMC)
    ポリウレタン樹脂(PU)発泡原液

  • 従業員数

    約150名

久聯化学工業(上海)有限会社

  • 上海支社

    久聯化学工業(上海)有限会社

  • 設立

    1996年3月

  • 所在地

    上海市外高橋保税区芬菊路152号

  • 資本額

    USD130万ドル

  • 事業内容

    LTX事業:

    VPL,不織布NWF用Latex、カーマット用ラテックス

    PUA事業:

    包装用ポリウレタン系接着剤販売

    加工事業:

    電気カーペット用ラテックス

  • 従業員数

    約15名

進展軌跡

Achieving Goals

一歩ずつ確実に進んできた

Each Met Objective Is a Step Towards The Future

会社組織 Organization Chart

品質保証

Improving Quality

卓越性の追求と品質確保の促進は事業発展を支える基盤

The Highest Standards of Quality Must Be Met

最も適切な管理製造プロセスと最先端の自動化設備、効率的な管理に基づき、
久聯が長年以来高品質で商業信頼基礎を築きます。
ISO 9001, ISO14001, ISO45001, CNS15506(TOSHMS)
品質認証システムの規定や手順に従い、製品が顧客の信頼と満足を得ています。

私たちのこだわり·最上級品質·最高のサービス

  1. 出荷なら必ず良品。
  2. 品質管理システムを構築、社員全員で品質向上に取り組む。
  3. 卓越性を追求し、プロセスを改善し続け、最適な製品やサービスの提供によりお客様を大満足させる。

開発創造力

Unending Innovation

成長を加速し·競争力を向上する

Each Met Objective Is a Step Towards The Future

地球にやさしい、快適な生活を創造するという信念を持ち、
私たちは新製品開発とシステムの革新に取り組み、常に高い競争力を保ちます。

•顧客の経済利益に満足でき高品質の製品を開発します。
•もっと快適な生活の創造を前提に、地球にやさしい、衛生性の高い製品を開発します。
•技術協力、サンプル分析、実行性評価、アフターサービスなどと合わせて現場で試作するサービスを提供しています。

NMR(核磁気共鳴装置)、GC-MASS(ガスクロマトグラフ質量分析計)、HPLCとGPC液体クロマト グラフィー、DSC(示差走査熱量計)、SEM(走査型電子顕微鏡)、FTIR(フーリエ変換赤外 分光光度計)、PCD(粒子測定器)、DMA(ダイナミック熱機械分析計)、UPLC(超高速高 分離液体クロマトグラフ)、TOF-MS(飛行時間型質量分析計)、TGA(熱重量分析)、ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析計)---などの最先端の設備を導入しました。